第103回全国高等学校野球選手権新潟大会組み合わせ決まる。

高校野球 2021/06/26
  • Facebook
  • Twitter
text : inoue kazuo
井上 和男

夏の甲子園、組み合わせ決定
7月10日開幕、決勝は27日

 

6月26日、第103回全国高等学校野球選手権新潟大会の対戦を決める抽選が行われ、組み合わせが決定した。新型コロナウイルスの感染拡大により昨年の第102回大会は中止。今年は2年ぶりに夏の甲子園を目指す大会となる。

 

第1シードは今年の春季県大会優勝・新潟産業大学附属、第2シードは同大会準優勝・関根学園。以下、昨秋と今春の県大会の成績をポイント換算した結果、新潟明訓が第3シード、加茂暁星が第4シード、中越、東京学館新潟、新潟、五泉が第5シードに入った。
日本文理は初戦、7月14日に新発田中央と戦うことになった。選手宣誓は、正徳館栃尾の中村周生主将(正徳館3年)。
出場は74チーム(出場84校。うち15校が連合を組んで5チームで出場)。7月10日(土)から1回戦が始まり、同27日(火)10時からHARD OFF ECOスタジアム新潟で決勝が行われる。

 

大会は、入場料大人600円、高校生100円(小中学生以下無料)の有観客開催となるが、新型コロナウイルス感染症対策にため球場ごとに入場する人数に制限を設ける(使用する各球場は組み合わせ表を参照)。また、観戦の際には、入場者連絡先の提出や検温(入場券購入前)、マスク着用、手指消毒、間隔を開けての着席、拍手での応援など、感染症対策ガイドラインの遵守が義務付けられている。

同カテゴリーピックアップ

INFORMATION

インフォメーション

  • -->
このページのトップへ