新潟県高校野球夏季大会の概要決まる!       トーナメント形式で7/18開幕、8/6決勝

2020/06/18
  • Facebook
  • Twitter
text : inoue kazuo
井上 和男

 6月18日、注目されていた夏の高校野球大会の詳細が決まり、新潟県高等学校野球連盟の富樫信浩会長が発表した。
 

 『Good gameをみんなの手で!』~できることから、新潟から。~のスローガンの下、優勝校を決めるトーナメント形式の公式戦として、硬式大会は7月18日から、軟式大会は同23日から並行して開催される。
 
■大会名
【硬式部】令和2年度新潟県高等学校夏季野球大会
【軟式部】令和2年度新潟県高等学校夏季軟式野球大会
■試合日程 
【硬式部】7月18日(土)~8月6日(木)※原則、土日等の休日開催。雨天順延
【軟式部】7月23日(木・祝日)・24日(金・祝日)※原則、土日等の休日開催。雨天順延
■試合方式 
トーナメント戦
■組み合わせ 
7月1日(水)発表※新潟県高等学校野球連盟事務局の代理抽選
■会場 
【硬式部】9会場:ハードオフエコスタジアム新潟、新潟市鳥屋野運動公園野球場、新潟市みどりと森野球場、新発田市五十公野公園野球場、三条パール金属スタジアム、長岡市悠久山野球場、柏崎市佐藤池野球場、刈羽村源土運動公園野球場、糸魚川美山野球場
【軟式部】1会場:南魚沼市ベーマガスタジアム
 
 
 組み合わせについては、試合に際して移動時の‟密”になる時間をできるだけ少なくするため、北支部・南支部内でなるべく近くの高校同士の対戦を考えているという。
 このため、1~3回戦でハードオフエコスタジアム新潟での試合が実現。同スタジアムでは8月4日準決勝、同6日に決勝も行われる。
 また、過去の成績などを踏まえたシード校選定も検討中とされる。
 
 選手登録は25名でベンチ入りは20名とし、原則無観客としているが、保護者やベンチ外の部員などがスタンド観戦できないか会場関係者などと協議しているという。
 なお、決勝後は表彰式のみとし、開会式及び閉会式は行わない。
 
 県高野連は開催にあたって独自のガイドラインを設け、県の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議に諮っており、今後の状況を踏まえて開催内容の変更もある。

同カテゴリーピックアップ

INFORMATION

インフォメーション

  • -->
このページのトップへ